結婚内祝いは贈る相手によって選び分けて早めに贈ろう

結婚内祝いは選択肢が豊富なほうがいい!相手に合わせた選択を

結婚内祝いは贈る相手によって選び分けて早めに贈ろう

花

結婚内祝いの選び方

結婚内祝いの選び方のポイントは、贈った相手に喜んでもらえるようなギフト選びを心がけることです。元来「内祝い」とは「幸せのおすそ分け」として意味を持つもの。そのおすそ分けを贈った相手にも幸せな気持ちになってもらえる品物を選びたい所です。金額や相手の立場などで差は出ますが、定番ものを好む人、ちょっと変わったものを好む人、と好みはそれぞれなので、種類豊富なギフトショップやインターネットサイトなどを利用して探してみましょう。

結婚内祝いを贈るタイミング

結婚内祝いを贈るタイミングは基本的に「お祝いをもらてからが1か月以内」が一般的です。例えば入籍と結婚式の日が比較的近く、結婚式前にお祝いを貰った場合は、結婚式後でもマナー違反にはなりません。結婚式の後新婚旅行へ行く人は新婚旅行後にお土産を添えて結婚内祝いを渡すケースもあります。入籍をしてからだいぶあとに結婚式がある場合は、通常通りお祝いをもらってから一か月以内に結婚内祝いを贈りましょう。もし多忙で結婚内祝いが遅れそうな場合は電話の一本も入れておいた方が良いでしょう。

目上と目下で異なる内祝いの金額相場

目上の人への結婚内祝いの相場

自分より目上の人、例えば上司や恩師、親戚の人から相場よりも多めのお祝いを貰ってしまった場合は、半額では高額になってしまいます。その場合は半返しではなく、1/3程でも大丈夫です。無理がなければ夫婦そろって挨拶へ行き、結婚内祝いを手渡しできるとベストです。

目下の人への結婚内祝いの相場

後輩や年下の親戚など目下の人からお祝いをもらった場合は、お祝いの金額と同額の品物を結婚内祝いでお返しするのが大人のマナーです。品物を選ぶときもワンランク上の大人目線のものを選ぶか、相手の好みに合った品物を選びましょう。

広告募集中